本文へスキップ

運動療育FCのあ泉北和泉は、発達障がい児さんの室内サッカー専門療育施設です

電話でのお問い合わせは0725-99-8810

〒594-0065 大阪府和泉市観音寺町877-1

療育方針・内容real estate

方針

物件イメージ01

最も大切なことは、サッカーの楽しさを実感することです。子どもたちにとって、「楽しさ」が一番のエネルギーです。そのエネルギーが彼らに色々な行動を動機づけます。

その中で、「できた!」という感動があれば、「できる!!」という自信に変わります。すると、もっと「楽しみたい!!」と努力してくれます。その過程が、将来の様々な場面で活きてくると信じています。



我々は、この「楽しい!!」から始まるサイクルをどんどん大きくしていき、子供達の成長を促す事を目標としています!!


さらに、サッカーを通じて体力複合動作イメージ力チームワーク力を養うと共に、苦手な事でも挑戦するチャレンジ精神失敗しても努力する姿勢目標を達成した時の感動などの感性も同時に刺激していきます。

内容

物件イメージ03

サッカー療育

ボールを使って、色々なトレーニングをします。
遊びやゲーム性を取り入れ、サッカーの楽しさを追及していきます。その中で、テクニックや戦術など専門的な部分も練習していきます。
また、同時に「努力」「チャレンジ精神」「達成感」などの精神面の発達も促していきます。



基本的にゴムボールを使用します。
(試合は通常のボール)
ゲーム感覚の強いメニューに取り組んでもらい、「ボールを蹴る楽しさ」「目標を達成する喜び」
「お友達と協力する楽しさ」などを体感してもらいます。



全て通常のボールを使用します。
少年サッカーチームが行うようなメニューを簡易化し練習します。(ドリブル・パス・シュートなど)
また、定期的に屋外にグランド練習も行います。











もー代表と今岡選手が対談しました。
プロ野球選手との対談で、たくさんの事を学ばせて頂きました!
今岡選手、ありがとうございました!

出典:COMPANYTANK 20143月号(国際情報マネジメント有限会社 発行)



  情報開示

自己点検及び評価シート

asobi.htmlへのリンク